暇つぶしのすゝめ

漫画・アニメ・ゲームに関する記事を書いていこうと思います。 漫画・アニメ・ゲームの購入談、レビュー、おすすめ、時には攻略など

こんにちは( 'ω')ノ

いよいよ発売しましたねヾ(*´∀`*)ノ先ほど私の手元にも届きました!体験版はあえてやってませんでしたが操作性は如何程か楽しみです。
で、実際にやっていきますが最初はPS版の攻略サイトも見ずに只ひたすら進めていこうと思います。(とは言っても既にwikiありそうですが)ですから攻略というよりプレイ日記ですね。読みにくいものになるとおもいますがご勘弁を( ´ ▽ ` )ノ

IMG_20200410_123416

データディスクとゲームディスクの2枚組。早速始めようと思いますが、まずはアプリケーションをコピー・・・・・やっぱり結構時間が掛かるようで゚(゚´Д`゚)゚

ということで待ってる時間が勿体無いので4/9・4/10に私が購入したコミックとライトノベルの紹介をちょっとばかし。レビューはさすがに一部ですが。
 ・この素晴らしい世界に祝福を!11巻
 ・進撃の巨人31巻
 ・魔法科高校の劣等生31巻(ライトノベル)
 ・ガンゲイル・オンライン10巻(ライトノベル)


この素晴らしい世界に祝福を!11巻


IMG_20200410_123716

今年に入ってようやく手をつけ始めたタイトルで先日ようやくコミックとライトノベル、前巻読破したばかりです。まさに間髪入れずといったところですが簡単なレビューを記載したいと思います。
前巻から続くアイリスとの王城での暮らし、そのクライマックスとなりますがクレアからのいびりが超加速、というのも前巻から色々チャンスはあったのに上手くいかず散々な結果に終わった義賊捕獲並びに敵勢力討伐。まぁコボルトにボコボコにされ死んじゃったりすると評価も上がらないですよね。とまあ踏んだり蹴ったりでしたが。冒頭からアイリスと身体が入れ替わることになり、城を出て自由に行動したいというアイリスの願いもありしばらく別々行動になりますがダクネスが入浴中と聞き急いで駆けつけるも、すでに風呂を出ていましたが、双方の願望によりもう1度クレアと共に入浴することになります。が、これからという時に元に戻ってしまいます。よりにもよって目の前にはチンピラが・・・・・。アイリスと一緒に行動していためぐみんに聞くと結局のところ、めぐみんがケンカを吹っかけていた様子。城に戻ると当然自体はバレていて・・・・・。挽回出来ずに王都最後の夜を迎えることになりますがクリスからネックレスが神器であり大変危険なモノであると聞かされ、城に潜入することになります。お頭と助手君が強力タッグ、銀髪盗賊団の結成がここにwこのあとは二人が無双状態、クレア、レイン、ミツルギまで駆けつけてきますが盗賊スキルと初級魔法で手玉にとり、それほど難無くアイリス部屋にたどり着きますがそこに待ち受けていたのはいつもの面子。ダクネスは早々と二人の正体に気づきましたが、めぐみんは一目でファンにw3人の間をすり抜け二人がかりでアイリスに「スティール」。無事、任務完了。副産物として大事な指輪まで盗ったり、アイリス自身にはバレていたりしますがひとまず王都の話はこれで終わり。

巻末にはオリジナルストーリー「たまにはこんな爆裂デートを」と次巻への布石の内容が描かれています。次巻はララティーナお嬢様とアルターブの物語になりそうですw


ファイナルファンタジー7リメイク


アプリケーションのコピーが終わったのでようやく本題へ( ´ ▽ ` )ノ
「NEW GAME]で始めるとカメラの設定と難易度の選択が、、、、、いや、いや全然わかんない(*´д`*)
特にカメラ、違いが分からなすぎる。分からないので結局デフォルトとノーマルで・・・・・。クラシックって何?いよいよOPの映像が流れていきますが、長らくやっていなかったものの、思わずこんなんだっけと言わずにはいられない日常の風景が。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200410135712

いやいや、もっとどんよりしてたハズ。と思っていると記憶にある暗い雰囲気がwwwそうそう、これこれこの雰囲気!アイリスが出てきたかと思えば、すぐに場面が切り替わりバレット、クラウドが登場。
FINAL FANTASY VII REMAKE_20200410140815

すぐに敵に遭遇します。はじめてのバトルですが、なるほどすぐに納得。ここに来てクラシックの意味が良く分かりました。人によっては面倒かもしれませんね。実のところ途中でもカメラや難易度の設定変えられるようになってるので深く考える必要は無いようです。
駅に入るとまたもや敵に遭遇しますが、どうやらクラウドを囮にして先に進んでいく作戦のよう。ここでようやくはじめてのセーブとL2でMAPが開けるようになりますが正直見にくいΣ(○>Д<ノ)ノ無いよりマシですが。ガードやら回避にアビリティ、アイテムの取り方、神羅ボックスの説明がありますが神羅ボックスって前からあったっけ?

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200410144158

進めていくとビックス達と合流。奥にいるバレットと接触すると先に進めるようになり下に降りると犬が襲いかかってきます。この犬もといハウンドドック、雑魚兵士と同じかと思いきやちょっと強い!?
暗いせいもあってかすぐに敵を見失ってしまいます。(私が下手なせいかもしれませんが)
特に苦戦することなく進めていくとウェッジ、ビックス、ジェシーと順番に別れていきます(退路を確保?)エレベーターから降りた先からはバレットが戦闘に加わります。このバレットですが思ってた以上に喧しいです。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200410154431

目的地である魔晄炉に到着すると爆弾の設置をしますがこの際に時間を選択します(20分or30分)。これは20分でもかなり余裕がありますが問題なのは設置したあとすぐに出現するガードスコーピオン。コレ強すぎない?っていうぐらいには苦戦しました。ノーマルのせいなのか、まだ慣れていないせいなのか分かりませんが。最初のボスっぽい的に苦戦するくらいならイージーで進めていくほうがいいんじゃないかと思えてきました。
このあとは脱出することになりますが視界が悪く正直良くわからなかったです。アイテムいくつかは取れましたが全部とれてるかどうかは自信無いです。脱出した先でチャプター2が始まります。
今日のところはこの辺でひとまず終わっときます。


初日を終えた感想


まだ、ちょっとしかやっていませんが操作が難しいの一言。特に戦闘ですが、やることがいっぱいありすぎてしんどいです。ガードに回避にモードチェンジと。あとは敵を見失いがち。そもそも余裕無くて敵の数が把握出来てない時がありました(´Д`;)

クラシックに移る日もそう遠くないかもしれませんm(_)m


こんにちは( 'ω')ノ

花粉症の季節が本格的に到来!一応、マスクもしていて外出自粛してるんですけどね。やっぱり今年も花粉は防げないようで(ノω;)なんとなく目が痒い?症状が出てからじゃないと病院行く気にならないんですよね。そんなこんなで直に書店に買いに行くことが多い私ですが今回は自粛。本来2冊で通販使うの嫌だったんですが・・・・・。


ONE PIECE96巻


IMG_20200405_233730

前巻で白ひげの船に乗り込んだ”光月おでん”の航海記録の続き。モモの助が生まれ2番隊を任されるものの嫌そうな顔をするおでんが笑えますがホント自由奔放でやりたい放題w一方、ワノ国では黒炭オロチの国取り活動が始まります。

遂にはロジャー海賊団が登場。若き日のバギーとシャンクスの姿が・・・・・麦わらじゃないんですね。大海賊が激突するも、全然殺伐としてないですねwここでおでんがロジャー海賊団に貸し出されることに。印象的なのが白ひげの嫌そうな顔w

このあとワノ国近海まで来ることになるものの船を降りず異変を感じつつも航海続行します。船大工トムにフランキー、大騎士ネプチューン、シャーリー、ペドロといった馴染みのある顔が登場します。このあと”世界一周”し、ロジャーが「海賊王」を名乗ることになり、このあとすぐに解散を決めます。

ワノ国に戻ることになりますが、ここからが壮絶、、、、、バカが「ワノ国」を乗っ取っていることを聞かされスキヤキに襲いかかるもあと一歩及ばず。耐え忍ぶ月日を送ることになりますが「赤鞘九人男」の一世一代の大騒動が始まります。が、いきなりの想定外。夜襲をかけるつもりが、カイドウの待ち伏せにあい、カイドウに一太刀浴びせるも惜しくも返り討ちにあいます。

このあと公開処刑による「釜茹での刑」に処されることに。約束を取り付けたおでんが橋板に乗った9人を担ぎ、1時間耐えることになります。その間、国中が真実を知ることになりますが、約束は守られること無く結局9人を逃がすことに。おでんは殺され侍達は20年後の未来へ飛ぶことに。

現在に話が戻り、カン十郎が内通者であることが判明。ルフィ、キッド、ローが合流したところで96巻が終わります。


ブラッククローバー24巻


IMG_20200405_233751

前巻から半年経ったところから、いよいよ新章開幕。さっそくスペード王国領内で大暴れしますが、この悪党の面構えw前にもこんなのいませんでしたっけ?ここで親玉の正体が明らかになります。”漆黒の三極性”(ダンテ、ゼノン、ヴァニカ)

このあと一旦ハート王国に戻り報告。間髪入れず”チャミー”の出現wリルと二人がかりで抑えている様子が、、、、、何かもう、怪獣みたいですね。一方でハージ村からの要請を受け村に戻ったユノは自分の素性、スペード王国の王子であったことを知ることになりますが、じゃぁアスタは?

考える時間も無いまま金色の夜明け本拠地に襲撃されている報せを聞き急いで戻りますが帰還した時にはおよそ半数が・・・・・。帰還直後から戦闘が始まりますがあっさり撃破。このあとクラウス先輩達を助けるものの、新たに襲撃されます。が、その傍らには頼みのヴァンジャンス団長の姿が。

抗戦むなしく全滅したかのように思われましたが、団長の世界樹魔法のおかげで半数が一命を取り留めます。その団長の姿は見当たらず、攫われた?

一方でハート王国には眼帯の、、、、、。王冠乗っけてる方も動き出そうとしたところで24巻が終わります。


今週は・・・・・


いよいよ待ちに待った「ファイナルファンタジー7リメイク」の発売です。延期されたので少々、作品の出来栄えが気に掛かりますが・・・・・。なにはともあれ、外出自粛の中で嬉しいニュースには違いありません。元々の作品はうろ覚えなので中々違いが見分けられるかは自信がありませんがブログにも書いていこうと思います。

今週は他にも楽しみな作品がw
 ・進撃の巨人31巻
 ・ガンゲイル・オンライン10巻(ラノベ)
 ・魔法科高校の劣等生31巻(ラノベ)
 ・この素晴らしい世界に祝福を11巻

漫画はともかくラノベは、、、、、ゲームとライトノベル、どっちを優先させるか難しいところです(* >ω<)

こんにちは( 'ω')ノ

世間的には新型コロナに花粉症の季節到来、うっとおしい限りですが個人的に超待ちわびていた咲-saki-の最新刊、それもシリーズの他2作品と同時発売!テンション上がります。(* >ω<)

IMG_20200325_164220



咲-Saki-20巻



IMG_20200325_163720

決勝、先鋒前半戦が終わったところから始まる20巻。点差はともかく、それぞれが複数回アガったことから印象としてはほぼ互角に映った前半戦。後半戦はどこが無双するのか期待していましたが東風娘こと片岡優希が2度目の天和!ダブルリーチから始まるかとおもいきやまさかの2度目。「地球が滅んでもこれだけは残る!そんな記録を打ち立てました!」面白い実況ですがホントそのとおりwただ無双するかとおもいきや一本場のダブルリーチを上がられ(´・ω・`)個人的にはもうちょっと強い優希が見たかったのですが・・・・・またしても前半戦と同じく辻垣内智葉に止められます。勢いそのままに原点まで戻しますが一人沈んでいたドラゴンロードこと松実玄が盛り返しトップの宮永照から数え役満を直撃!そのあとも3倍満、倍満をツモって一躍トップに踊り出ます。このあと優希が起死回生のイス大回転!よもや四暗刻かと思いましたが残念。後半戦も残り2局、辻垣内智葉の親が始まるも2回アガったところで宮永照に止められチャンピオンこと宮永照のラス親が始まります。ここも前半戦のツモしばりではないようで淡々と順位を上げていき松実玄に直撃したところで20巻が終わります。
いやー長いですね。18巻の巻末から始まってる先鋒戦。まぁさすがに次巻で終わりでしょうがw20巻で気になり印象に残ったのは二つのシルエット。一つ目はもちろんワールドレコードホルダー・・・・・これはまさか?二つ目はイス大回転を見た辻垣内智葉の・・・・・こちらは全く見当つかず。何にせよ、また次巻を楽しみに待ちたいと思います。

シノハユ12巻



IMG_20200325_163852

県代表を決める個人戦の大一番!前巻からの続きですね。300点の窮地に立たされリーチもかけられない、まさに崖っぷち。ここからどう巻き返していくのかが見所になりますが・・・・・圧巻の3連チャン!最後は紅孔雀でトビ終了!団体戦決勝、先鋒戦にあった例のヤツwなんとか難敵を下しますが次戦は閑無と悠彗と団体戦で杏果を倒したヤツw楫野結衣が続けざまにアガって誰かをトバそうと目論んでるところで慕の花鳥風月・金鶏独立・紅孔雀、古役からなる三連コンボ(のちに鳥さんラッシュと命名?)が炸裂。意外とあっさり優勝決定し個人戦の県代表に。試合中に閑無に謝ったことで確執に・・・・・なってない?ギスギスしにのはいいことですがwこのあと最後は菰沢中から合同合宿のお誘いが・・・・・ここで12巻は終わり。8巻巻末から始まった県大会が終了。次巻は夏休み、合同合宿がメインになりそうですね。

怜-Toki-6巻



IMG_20200325_164025

シリーズ他の2つとはかなり温度差があるというか、まぁ試合してるのとは違いますからwそういったワケで感想が難しい怜ですが冒頭すぐに無極天状態、ゾーンに入った龍華が見られ”緑一色”役満を和了ります。このあと四暗刻を上がるハズが・・・・・未来予知を発動した怜が阻む展開に。結局、和解、これまでのはなんだったのか?このあとは未来予知の副作用により寝込む怜が描かれていますが、いきなり謎展開に。「まだ早い」「預かっといたるわ」一旦封印ってこと?身体の不調は収まり林間学校へ。時は流れて中学校入学式を迎えたところで6巻が終わります。正直、見所が無いというか・・・・・登場人物に期待して買い続けているワケですが愛宕姉妹や船久保浩子出てこないかなぁと期待して次巻を待ちたいと思います。

最後に



個人的にホントに待ちに待ったコミック。期待を裏切らない素晴らしいモノでしたが、コレまた1年近く待たないといけないかと思うと・・・・・テンション下がります( ´•ω•` )

IMG_20200326_135144

あとは個人的には朗報かどうか判断に困りますが咲-Saki-20巻と怜-Toki-6巻の帯に記載されていますが、咲-Saki-阿知賀編の6巻の続きが連載されているようです。勝手に全6巻だと思っていましたが。

IMG_20200326_135202

その帯の裏にもう一つ新連載情報が記載されていますがコレは男?どっかの学校の男子部バージョンてことなんでしょうか?絵的には好みじゃないんですが・・・・・とりあえず長い目で待ちたいと思います。


出来れば今年中に続きが読みたいですm(_)m

こんにちは( 'ω')ノ

度重なる風邪、インフルエンザにみまわれ、さらにはコロナの余波で忙しい?ちょっと意味がわからなくなるような状態の今日この頃です。一応、時短勤務にはなってるんですが持ち帰ってする仕事が増えて・・・・・。近況としてはマスクが中々手に入らないので外出する機会が激減しています。だってしょうがないですよね。外出先によってはマスクしてないと非常識だと認知されかねないんですからヽ(´Д`;)ノ

そんな訳でおよそ1ヶ月ぶりとなる更新です。漫画やライトノベルは結構買い漁っているんですが・・・時間も無ければ体調もおもわしくないのでまだ余り読めてない状態。

 ・この素晴らしい世界に祝福を 漫画、ライトノベル全て(スピンオフ含め)
 ・あそびあそばせ9巻
 ・僕のヒーローアカデミア26巻

上記はそのうち時間があるときに読んでいこうと思います。で、今週発売された2冊のレビューを簡単ながら記載します。2冊とも今年アニメ放送が予定されている楽しみな作品です。

IMG_20200320_004852



炎炎の消防隊22巻


21巻より始まった桜備大隊長救出作戦、レオナルド・バーンズと対峙するシンラ、ドラゴンと名乗る屠り人と対峙するアーサー2つの戦いがメインで描かれています。冒頭すぐに桜備大隊長が蟲を混入されますが、まさかの筋肉回避!?筋肉で蟲が入らない事態に笑えますwこの辺は少し前に放送されていた某筋肉アニメ?を思い出します。レオナルド・バーンズとの戦いは一応の決着が付くものの、いつの間にか”鬼”が出現。ドラゴン対アーサーは、妄想が捗りいつも以上どころか最高状態になっていてかなり善戦してるように見えます。見ようによっては押してるようにも。ですが実際は全く攻略の糸口が見えないまま敗北?したかのように思われましたが・・・・・何故か無事。新たな柱が誕生したと伝導者一行が勢ぞろい。展開、状況から見て新たな柱はアイリスでしょうか?最後に味方?が登場!?ドッペルゲンガーの謎に迫るも、またしても巻末で急展開・・・・・次巻に続きます。



ゴールデンカムイ21巻


19巻でアシリパ達と合流していますが中々、北海道に戻りませんね。個人的な予想ではすぐに北海道に戻り物語が進むものと思っていましたが・・・・・。尾形が逃げた所で終わった全巻ですが、冒頭から狙撃されます。さっそく尾形の襲撃が来たかと思いましたが17巻で登場したロシアの狙撃手の仕業。手振りで和解?するも後をついて来ている模様。

このあと鶴見中尉と合流する前にひと騒動あり。撮影は茶番に終わるだけかと思われましたが思わぬ収穫。ウイルクと実の母の姿を見ることになります。

一方で登別の話に続きがあるようでアレで完結したものと思ってましたが続きというよりもこっからが本番といわんばかりの展開に。鶴見中尉と土方のそれぞれの思惑が交錯しています。都丹庵志の刺青人皮、5枚の偽人皮、どちらに有利になってるのか、いまいち分かりませんが今後の有古の二重スパイ活動がどうなるのか、疑われている中でどう動くか楽しみです。

樺太では真実を知った鯉登少尉と月島軍曹のこれからの動きにも注目。鶴見中尉の異変?尾形の目的、土方達も樺太へ行くのか?杉本とアシリパの逃避行(白石はどうする?)・・・・・個人的には鯉登少尉は演技してるのかどうかが気になります。謎多すぎで次巻が楽しみです。



次は来週25日発売が予定されている待ちに待った咲シリーズ3冊のレビューを掲載を予定しています。

こんにちは( 'ω')ノ

今期、放送中の「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」のコミック3巻が発売ということなので1・2巻も合わせて購入しました。以下、記載内容と簡単に感想を書いてみました。



痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。1巻



IMG_20200223_002048

記載されている内容はサリーがユニーク装備を手に入れ、これから2層へ続くダンジョンに向かうところまで。ところどころ、アニメと違う内容の部分はありますがおおむね同じ。絵もほとんど違和感なくアニメよりは多少子供っぽく書かれているかもしれません。買って良かったなと思ったポイントとしては装備やスキルの説明がちゃんと書かれているところ。正直、アニメだとチャット部分はもちろん、スキル名などわかりづらい部分もあったのでこれで補完出来ます。


痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。2巻



IMG_20200223_001957

記載されている内容は2層MAPの開放からメンテナンス、メイプルの『白雪』の入手、第2回イベントで『銀翼』を倒し『幻獣の卵』を手にいれるところまで。最後におまけ?特別編として甘いものをゲーム内で満喫しているシーンが書かれています。アニメでは第1回イベントで2位になったプレイヤーと遭遇してますがコミックでは無し。大半が第2回イベントの内容で、こちらもところどころでアニメと違う部分有り。見所?としては第2回イベントの最中、『銀翼』に挑む直前に二人のステータスと装備、習得しているスキルが記載されているところ。特にサリーが習得したスキル全42種は圧巻。アニメではスキルをたくさん習得している様子はありましたがここまで多いとはヽ(´Д`;)ノちなみにメイプルの習得しているスキルはこの段階では15種。


痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。3巻



IMG_20200223_002202

記載されている内容は『幻獣の卵』の孵化、『メイプルVS偽サリー・サリーVS偽メイプル』、カスミ登場、カナデ登場、水中でイカと戦闘、第2回イベント6日目にサリーがプレイヤーを狩りにいくところまで。どれも結果は同じでも経過内容がアニメとは違います。例えばカスミとの出会いの場面、アニメでは好戦的でしたが、コミックではオアシスで休んでるところにカスミが来て「出来れば見逃して頂きたい」と最初から逃げ腰です。その後の地下ダンジョンでも鍵をめぐるカタツムリとの攻防が追加されています。水中でのイカとの戦闘ではアニメではヒドラの毒であっさり倒していましたがコミックではサリーのメイプルを使った攻撃「衝撃拳」ことメイプルキャノンを炸裂させたりしています。最後は特別編に4コマが7つほど。


幻獣孵化時のステータス



メイプル  Lv26 HP40(+160) MP12(+10)
      力0 防御力175(+141) 敏捷性0 器用度0 知力0
 
  装備  [頭]◆ー [体]◆黒薔薇ノ鎧
      [左手]◆闇夜ノ写:悪食 [右手]◆新月:毒竜
      [足]◆黒薔薇ノ鎧 [靴]◆黒薔薇ノ鎧
      [装飾品]◆フォレストクインビーの指輪◆タフネスリング◆命の指輪

 スキル  ◆シールドアタック  ◆体捌き
      ◆攻撃逸らし     ◆瞑想
      ◆挑発        ◆大盾の心得Ⅳ
      ◆絶対防御      ◆極悪非道
      ◆大物喰らい     ◆爆弾喰らい
      ◆毒竜喰らい     ◆MP強化小
      ◆HP強化小       ◆カバームーブ     
      ◆カバー       ◆不屈の守護者


 サリー  Lv21 HP32 MP(+45)
      力30(+20) 防御力0 敏捷性85(+68) 器用度25(+20) 知力25(+20)

  装備  [頭]◆水面のマフラー:蜃気楼 [体]◆大海のコート:大海
      [左手]◆水底のダガー [右手]◆深海のダガー
      [足]◆大海の衣 [靴]◆ブラックブーツ
      [装飾品]◆ー◆ー◆ー

 スキル  ◆スラッシュ      ◆ウィンドカッター  ◆連撃強化小
      ◆ダブルスラッシュ   ◆サンドカッター   ◆体術Ⅰ
      ◆疾風斬り       ◆ダークボール    ◆MP強化小
      ◆ディフェンスブレイク ◆ウォーターウォール ◆MPカット小
      ◆ダウンアタック    ◆ウィンドウォール  ◆MP回復速度強化小
      ◆パワーアタック    ◆リフレッシュ    ◆毒耐性小
      ◆スイッチアタック   ◆ヒール       ◆採取速度強化小
      ◆ファイアボール    ◆状態異常攻撃Ⅲ   ◆短剣の心得Ⅱ
      ◆ウォーターボール   ◆筋力強化小     ◆魔法の心得Ⅱ

      ◆火魔法Ⅰ   ◆跳躍
      ◆水魔法Ⅱ   ◆釣り
      ◆風魔法Ⅱ   ◆水泳Ⅹ
      ◆土魔法Ⅰ   ◆潜水Ⅹ
      ◆闇魔法Ⅰ   ◆料理Ⅰ
      ◆光魔法Ⅱ   ◆器用貧乏
      ◆気配遮断Ⅱ  ◆超加速
      ◆気配察知Ⅱ
      ◆しのび足Ⅰ


シロップ  Lv1 HP250 MP30
      力30 防御力150 敏捷性15 器用度10 知力20
 スキル  喰らいつき


   朧  Lv1 HP80 MP120
      力10 防御力15 敏捷性70 器用度75 知力90
 スキル  狐火


  
『防振り』に限ったことでは無いですがアニメだけでは分かりづらいLv・ステータス・装備・スキルの表記があるのは嬉しいですね。まだ3巻ですが巻を重ねるごとに違う部分が増えてきている感じです。とはいってもライトノベルは読んでないので元々こんなものなのかも知れませんが。次巻の発売を楽しみに待ちたいと思います。最後まで閲覧ありがとうございましたm(_)m


こんにちは( 'ω')ノ
新約とある魔術の禁書目録(22)リバースから半年余り、個人的にはアニメやらコミックが全然追いついてないことが気になりますが今更でしょうか?

IMG_20200209_164510

新シリーズ突入ということでナンバリングが一新された創約とある魔術の禁書目録。読み進めると最初は人物紹介じみた内容が続き本編へ。まあ、お約束ですね。展開としては連れ去られた幼女を奪還するために奮闘。そのあと最後に別の幼女現る、1巻まるごとエピローグって感じ。個人的には、これだけ見ると幼女が変わっただけで「新約とある魔術の禁書目録・1巻」に似てるような気がします。

下記にあらすじと感想を混ぜ合わせたものを書いています。

12月24日、クリスマス・イブの午前0時、冒頭から登場するのは常磐台中学校のLv.5、御坂美琴と食蜂操祈の二人。野外特別奉仕活動という名の街のゴミ拾いからの脱走を企てます。食蜂操祈が白井黒子と教師を操り騒動を起こした隙に建物の屋上に持ち前の磁力を使い飛翔しますが、ここで御坂美琴が先手をうちます。早々と食蜂操祈を裏切り置き去りに。これまでは後手に回ってる印象がありましたが、してやったりですね。街に溶け込み今後の予定を考えあぐねていると目の前の交差点を全裸の養女を抱え全力疾走するツンツン頭の主人公・上条当麻が不良共に追われ横切っていきます。上条当麻が逃げた先は地下鉄。幼女をひとり逃がそうと指示していると頭上で轟音が。地上へ出ると不良共が倒れており中心には御坂美琴。説明を求められ何とか穏便に済ませようとしますが幼女の乱入して来たところで御坂美琴から全方位に大爆発。一方で黄泉川愛穂と学園都市新統括理事長・一方通行が顔を合わせる、ここまでがエピローグ。

本編はエピローグの翌朝、イブ当日から始まります。冬休みの真っ只中、自宅からビデオチャットで特別課外授業という名の補習を受ける上条当麻。相手はもちろん月詠小萌先生。旧シリーズから割と頻繁に記述されてる通り留年一歩手前の状況。当然のように事は上手くいくはずもなく謎のクラッシュにより補習は中断。このままでは留年確定、ということで現状を確認せずにはいられないという訳でインデックスに声を掛け外出することになります。もちろん目的地は小萌先生の住んでいるアパート。訪ねてみると、まさかの留守。隣に住んでる人の話によると三日前から出かけているということ。ここで遠隔補習の理由が分かり開き直って24日を遊び倒すことを宣言します。

いつもの第7学区を見て回ることになりますが立ち尽くし注意散漫になってると女の子にぶつかられます。ぶつかってきた相手は脱走中の御坂美琴。教師や生徒(白井黒子)の怒号が聞こえ追われていることが分かり一緒に行動することになります。しかしながら何をしたらクリスマスっぽいのか分からず行き先はバー、ダーツをすることに。興じていると不穏な視線を感じ取った御坂美琴が席を外しスタッフオンリーの事務室へ。なんやかんやで視線の正体がラストオーダー(打ち止め)とシスターズのひとり一〇〇三二号こと御坂妹である事が分かります。

このあと部屋を出ようとしたところで何者かの攻撃を受け上条・打ち止め/御坂美琴・御坂妹・インデックスに分断されます。誰か狙われてるか分からないこともあり合流せずに別行動することを選びます。配管が壊され地下を移動する上条たちは押し寄せてくる大量の水から逃げることになり何とか逃れ地上に出るも近くにいたサンタコスの長い金髪の少女にナイフで腹を刺されます。「打ち止め」を逃がそうとするものの結局連れ去られることに。この時、衝撃で叩きつけられそうになってるところを御坂妹に助けられます。このあと自力でナイフを引き抜き御坂妹に縫ってもらいあとを追います。理由はともかく幼女を追いかける展開だけ見ると新約1巻に似てる気がします。ここで襲撃者である「舞殿」と名乗る少女が外部と連絡を取りつつダクトテープを使い「打ち止め」を縛り上げ袋に詰め逃走を計りますがこれを御坂美琴とインデックスが追跡する展開に。舞殿星見が大規模な念動力を発動したところで上条当麻が追いつきます。

舞殿星見を倒すとここでみんなが合流。舞殿のスマホを解析した結果、新統括理事長・一方通行による暗部の一掃、自分の罪を暴くという内容が記述されており、正に消えゆく情報の中から十二人しかいない統括理事のひとり「根丘則斗」の名前が判明。このあとチームを分けることになり一方通行がいるアンチスキルの詰所に打ち止めと御坂妹が「舞殿」と電子証拠となる「スマホ」を持っていくことになります。

上条当麻と御坂美琴、インデックスは「根丘則斗」が居るであろう第十五学区の巨大複合ビルに到着。どうやらアンチスキルもいるよう。どう動くか方針を決めていると最上階の全部の窓から爆炎が吹き出します。すぐに自分の家に火を点けたことを看破。自作自演の傷だらけの体を晒して糾弾してくることを推測し医療機関、あるいは救急箱の所在を目星に行動し、ドクターヘリが停まってる可能性に辿り付き屋上へ。

屋上にはドクターヘリがありエンジンを破損させるとスライドドアが開き根丘則斗が登場。大人だから能力が使えない、捕まえればいいと思っていたのにバトルに発展。根丘則斗が使ってるのはまさかの「魔術」

交戦が続く中、オティヌスが登場。ここから防戦一方だった流れが変わり攻勢へ。根丘則斗が元レスキューであることも看破。最後は魔術を捨て拳と拳の勝負に。根丘則斗が倒れ決着。

最後に全裸の幼女が現れ、その正体が「アンナ=シュプレンゲル」であることが告げられ唇と唇が重ねられたところで終わります。

最初に記述した通り展開が新約1巻に似てます。個人的には白井黒子と食蜂操祈がもっと登場してたらなと。次巻はR&Cオカルティクスを掘り下げた内容になるのではと予想。

2巻を楽しみに待ちたいと思いますm(_)m