こんにちは(*・ω・)ノ

先日ようやく「戦闘員、派遣します!」のライトノベル6冊を完読。
原作とコミックで違和感の生じるものは多々ありますがコレは全くですね。
先に読み終わっていたコミックの出来映えの良さがはっきり分かりました。
遅すぎるスタートになりましたが、先が楽しみです(*´∇`*)


創約とある魔術の禁書目録③


IMG_20201110_110131

始まりは12月25日のクリスマス、午後3時。

主役は表紙通り、白井黒子と浜面仕上。
片や『風紀委員』であり追う者、片や『暗部』であり追われる者
両者の視点で学園都市二十三学区で行われる
オペレーションネーム・ハンドカフス、暗部一掃作戦に関わっていくことに。

『壊滅手配』を元に暗部を凶悪な嫌普性、温厚な?好普性に判断されるものの
『木原一族』も入れ乱れる多種多様な乱戦に、、、、、、。
『心理定規』の「ドレスの少女」や海原光貴、結標淡希の登場も、、、、、、。
『学園都市最大の禁忌』とは?
『ニコラウスの金貨』を手にした者の末路は?

主な登場人物
・白井黒子(風紀委員【ジャッジメント】)
・楽丘豊富(警備員【アンチスキル】)
・黄泉川愛穂(警備員【アンチスキル】)

・浜面仕上(新生『アイテム』の下っ端構成員・好普性)
・滝壺理后(新生『アイテム』のレベル4・好普性)
・碧海華麗(通称『ペットブリーダー』・好普性)
・花露妖宴(学園都市暗部の『媒介者』・嫌普性)
・花露過愛(学園都市暗部の『分解者』・嫌普性)
・ドレンチャー=木原=レパトリ(『木原一族』の研究者・好普性)
・フリルサンド♯G(科学的に造られた人造ゴースト・好普性)
・ベニゾメ=ゼリーフィッシュ(学園都市暗部のパパラッチ・嫌普性)
・木原端数(『木原一族』の研究者・嫌普性)
・レディバード(木原端数によって造られたアンドロイド・嫌普性)
・ヴィヴァーナ=オニグマ(学園都市暗部の和風拷問マニア・好普性)
・木原脳幹(『木原一族』の研究者・好普性)

・一方通行(学園都市第一位にして新統括理事長)
・アンナ=シュプレンゲル(『R&Cオカルティクス』のCEO)
・????

IMG_20201111_115315

個人的には新約4巻のバゲージシティを思い起こされる作品。
木原一族も登場することから雰囲気は近いものがあるように思われます。
最後に分かることですが、途中に出てくる遊園地の着ぐるみの中身
読んでいて分かった人いるんでしょうか?
それにしても早いペースで発行されているので驚きです。
今作も、およそ500ページのボリューム。
次巻も早い発売を期待していますm(__)m