こんにちは(*・ω・)ノ


長年使用し続けているPC。スペックには特に不満はないのですが
HDD及びDVDドライブがやや調子が悪そう。
コレを機にPC自体を買い換えることも視野に検討している最中です。
これまで中古を買ったことは無いのですが、、、、、、どうなんだろう?


ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編2


IMG_20210112_151908

登場人物
綾小路 清隆
 2年Dクラス 総合B-(62)
 ホワイトルームという施設で育てられ徹底した教育を施されている。
 極めて高い身体能力と頭脳を持っており、冷徹な一面も持つ。
 学校では本気で取り組んでこなかったが今後の為に方針を変更。
 満点を取ったことで一躍有名に。

堀北 鈴音
 2年Dクラス 総合B(67)
 Aクラスで卒業することを目標に掲げている。
 過去の自分と決別したことにより長く綺麗だった黒髪は片口より短くなっている。
 綾小路の実力を測りかねていたが・・・・・・。

須藤 健
 2年Dクラス 総合B-(63)
 バスケット部に所属。学年屈指の身体能力の持ち主。
 堀北に恋をしている男子生徒。
 2年生の身体能力の項目で唯一A+の評価を受けている。
 更新されたOAAでは学力20➡54と大幅に伸ばしている。

池 寛治
 2年Dクラス 総合D+(37)
 お調子者。篠原に好意を寄せている。

平田 洋介
 2年Dクラス 総合B+(78)
 このクラスのまとめ役。
 クラス内から絶対的な信頼を寄せられている。
 自身は綾小路に信頼を寄せている。

幸村 輝彦
 2年Dクラス 総合C+(58)
 クラス内で上位の学力を持つ成績優秀者。
 当初は学力の低い生徒を見下す傾向にあったが
 度重なる特別試験を経て柔軟な対応・評価が出来るようになった。
 グループ内の親しい者たちからは『啓誠』と呼ばれている。

三宅 明人
 2年Dクラス 総合C+(56)
 仲良くしている少数グループ【通称:綾小路グループ】のメンバーの1人
 弓道部に所属している。

長谷部 波瑠加
 2年Dクラス 総合C(49)
 仲良くしている少数グループ【通称:綾小路グループ】のメンバーの1人
 かなり胸が大きく、視線を向けられることに不快に思っている。

佐倉 愛里
 2年Dクラス 総合D+(37)
 仲良くしている少数グループ【通称:綾小路グループ】のメンバーの1人
 かなり内向的。波瑠加と仲が良く、清隆に好意をもっている。

櫛田 桔梗
 2年Dクラス 総合B(74)
 学年で屈指の人気を誇っている。
 堀北と同じ中学校出身
 自身の過去を知っている堀北と綾小路を退学させようと目論んでいる。

王 美雨【ワン メイユイ】
 2年Dクラス 総合B-(62)
 中国からの留学生で英語が得意。
 平田に好意を寄せている。
 愛称は「みーちゃん」

軽井沢 恵
 2年Dクラス 総合C(47)
 このクラスの女子を束ねるリーダー的存在。
 清隆と付き合っている。

篠原 さつき
 2年Dクラス 総合C(48)
 軽井沢、松下、佐藤と仲が良い。
 最近は池との距離が近いように見えるが・・・・・・。

松下 千秋
 2年Dクラス 総合B-(63)
 清隆の能力に関心があり疑いをもっている。
 本人も実力を隠しているというが、、、、、、。

佐藤 麻耶
 2年Dクラス 総合C-(44)
 過去に清隆に告白している。
 清隆と軽井沢の関係を知っている。

高円寺 六助
 2年Dクラス 総合C(53)
 日本有数の資産家である高円寺グループの人間。
 高い頭脳と驚異的な身体能力を秘めている。

一之瀬 帆波
 2年Cクラス 総合B(74)
 クラスのリーダー的存在。
 学年内で屈指の人気を誇る。
 これまでの戦い方が通用しないことで自信を失いつつある。

神崎 隆二
 2年Cクラス 総合B(69)
 一之瀬の右腕ともいえる存在。
 数学で満点を取った綾小路に警戒心を強めている。
 BクラスからCクラスに転落したことで焦りを募らせている。

柴田 颯
 2年Cクラス 総合B(70)
 サッカー部に所属していて身体能力は高い

津辺 仁美
 2年Cクラス
 学力、身体能力共にB以上の優等生
 特別試験ではBクラスの西野と組むことに。

龍園 翔
 2年Bクラス 総合C+(60)
 Bクラスのリーダー。
 一度、綾小路に敗れ退学寸前だったが復帰。

石崎 大地
 2年Bクラス 総合C-(44)
 龍園を慕っている舎弟。
 綾小路の実力を知る数少ない人物の一人。
 小宮とは親友

伊吹 澪
 2年Bクラス 総合C(48)
 武闘派で喧嘩っ早い。
 なんだかんだで龍園に付いている。
 実力を隠していた綾小路を嫌っているが、それ以上に堀北が嫌いらしい。

山田 アルベルト
 2年Bクラス 総合B-(62)
 龍園に付き従っている。
 綾小路の事を認めている。
 日本語を話している所は見たことがないが、理解はしている様子。
 国旗マニア

椎名 ひより
 2年Bクラス 総合C(55)
 本の虫で図書館にいることが多い。
 綾小路とは読書仲間。

金田 悟
 2年Bクラス 総合B-(61)
 学力が高く、龍園が不在の間クラスをまとめていた。

小宮 叶吾
 2年Bクラス
 バスケ部所属
 Dクラスの篠原に好意を寄せているようだが・・・・・・。

西野 武子
 2年Bクラス
 孤立していることを石崎が気にかけている。

坂柳 有栖
 2年Aクラス 総合B(66)
 Aクラスの絶対的リーダー。足にハンデを抱えている。
 月城の妨害により綾小路とは休戦中。

神室 真澄
 2年Aクラス 総合B-+(61)
 坂柳に弱みを握られ協力関係に。
 坂柳のお気に入り。

鬼頭 隼
 2年Aクラス 総合B(67)
 坂柳派。身体能力が高い。
 寡黙で坂柳の傍に控えていることが多い。

橋本 正義
 2年Aクラス 総合B(72)
 坂柳派。龍園と繋がっており神崎とも接触している。
 綾小路の実力を疑っている。

葛城 康平
 2年Aクラス 総合B(73)
 かつては坂柳とリーダーの座を巡って争っていたが敗北。
 自身を慕っていた戸塚が退学させられ怒りを感じている。

宝泉 和臣
 1年Dクラス 総合C(55)
 入学間もなくクラスを支配下に。
 大柄で地元ではちょっとした有名人。

七瀬 翼
 1年Dクラス 総合B(72)
 宝泉に臆することなく接している。
 「暴力には屈しない」と豪語しているが・・・・・・。

椿 桜子
 1年Cクラス 総合C-(41)
 宇都宮と行動している少女
 頭脳担当?
 
宇都宮 陸
 1年Cクラス 総合B(66)
 敬語を使うことが苦手?
 既にクラスから学力Aの生徒が退学しており
 宝泉が関わっていると睨んでいる。
 『特別試験』を知らされていた6人の内の1人
 
八神 拓也
 1年Bクラス 総合B(73)
 櫛田や堀北と同じ中学出身
 櫛田を慕っているらしい。
 生徒会に所属
 『特別試験』を知らされていた6人の内の1人

高橋 修
 1年Aクラス
 学力こそC+と低めだが、誰とでも親しくなることに長けており
 話し合いの場に呼ばれることが多い。
 『特別試験』を知らされていた6人の内の1人

石神 京
 1年Aクラス
 『特別試験』を知らされていた6人の内の1人
 Aクラスのリーダー?

天沢 一夏
 1年Aクラス 総合B(68)
 ギャルっぽい見た目。
 クラスメイトとは仲良くないらしい。
 関与がバレている以上、一定の距離を取ると思っていたが・・・・・・。

南雲 雅
 3年Aクラス
 生徒会長。生徒会入りには来るもの拒まずのスタンスを取っている。
 今回の特別試験では3年で3位まで独占を目論んでいる。

桐山 生叶
 3年Bクラス
 生徒会の副会長。当初はAクラスだったが南雲に敗れBクラスに。
 特別試験で個人的な戦いを南雲に仕掛けたいと言っているが・・・・・・。

鬼龍院 楓花
 3年Bクラス
 全学年で唯一人、学力、身体能力共にA+の評価を受けている
 学校内で1位であるとも言える女子生徒。
 「高円寺に似ている」と評価する桐山からは嫌われている。
 Aクラスを目指すシステムに興味がない

茶柱 佐枝
 2年Dクラス担任 高度育成高等学校出身
 綾小路の実力を測りかねていたが、数学で満点を取ってみせたことで
 改めて特異な存在であることを認識する。

月城
 理事長代行
 謹慎中の坂柳理事長に代わって赴任してきた。
 清隆の退学を目論んでいる。
 4月の内にホワイトルームに連れ戻そうと画策していたが・・・・・・。




前回特別試験・総合順位
1位・2年Aクラス 平均725点
2位・2年Cクラス 平均673点
3位・2年Dクラス 平均640点
4位・2年Bクラス 平均621点



5月1日時点(前回の特別試験終了後)のクラスポイント
坂柳の率いる2年Aクラス  1169ポイント  
龍園の率いる2年Bクラス   565ポイント  
一之瀬率いる2年Cクラス   539ポイント  
堀北の率いる2年Dクラス   283ポイント



夏休み
●8月のプライベートポイントは試験結果を適用後に支給される
●船上クルージングは試験終了後の8月4日~8月11日の7泊8日
●夏休みは2週間程度短くなるが補填されることはない



無人島サバイバル
●試験期間は7月20日~8月3日の2週間
●使用する無人島は以前よりも面積が大きい
●同学年だけでなく全学年で競い合う形式で行われる
●学年別によるハンデキャップが設けられている
・低学年ほど受け取れる報酬が多くなる
・低学年ほど受けるペナルティは少なくなる
前以って説明されるルールは『一部』だけ

グループ
●無人島サバイバルでは最大6人の大グループを組むことができる
●大グループの元である最大3人の小グループを作る権利が与えられている
・1年生は最大4人、3年生は2年生と同じく最大3人
・同学年であればクラスを問わず組むことが可能
・小グループの選定期間は7月16日までの約4週間
●小グループの男女の割合は3分の2以上が女子で可能な組み合わせは7パターン
・『男子1人』『男子2人』『男子3人』
 『女子1人』『女子2人』『女子3人』
 『男子1人、女子2人』
・『男子2人、女子1人』『男子1人、女子1人』は却下
グループは1人でも成立するが多い方が有利であり、加えて特典も用意されている
●一度グループが確定した後は他のグループへと移動することは出来ない
●特別試験が始まると小グループ同士が集まることが解禁される
・2つ以上のグループが集まり最大6人の大グループを作ることが可能
4人以上の大グループでは女子の割合が5割以上を占める必要がある
・試験中に大グループを作るのは容易ではない
●個人が脱落することになっても1人でも残っていればグループは続行することが可能


報酬
1位のグループ
300クラスポイント、100万プライベートポイント、1プロテクトポイント

2位のグループ
200クラスポイント、50万プライベートポイント

3位のグループ
100クラスポイント、25万プライベートポイント

上位50%(1位~3位含む)に入賞したグループ
5万プライベートポイント

上位70%(1位~3位含む)に入賞したグループ
1万プライベートポイント

※上位3グループが得るクラスポイントは下位3グループの学年から移動される。
 クラスポイントに関しては人数に関係なくクラス数で均等に分配される(四捨五入)

●上位と下位のグループが同学年同士だった場合
・最下位グループに含まれたクラスは100、下位から2番目には66
 下位から3番目には33のクラスポイントを上位に支払ってもらう
●徴収するクラスポイントが報酬額に満たない場合
・残りは学校が補填する
・他学年から徴収する際も同様のルールが適用される
●4クラス混合のグループが下位を取った場合
・支払うクラスポイントが少しだけ低減される
・最下位が75ポイント、下位から2番目は50ポイント、3番目は25ポイント


ペナルティ
下位5グループに属する生徒たちは退学(最大30人が退学)
・600万プライベートポイントを支払うことで救済される。
・この金額はグループの人数で割られるため、6人グループであれば
 1人当たりの負担は100万プライベートポイントとなる。
・1人当たりの負担額を支払うことが出来れば他がどうであれ救済となる

※試験が始まってからはプライベートポイントの貸し借りが出来ないため
 乗船前の段階で自身の携帯に必要な救済ポイントを所持していることが条件。


基本カード
先行
試験開始時に使えるポイントが1.5倍される

追加
所有者の得るプライベートポイント報酬を2倍にする

半減
ペナルティ時に支払うプライベートポイントを半減させる
このカードを所持する生徒のみ反映される

便乗
試験開始時に指定したグループのプライベートポイント報酬の半分を追加で得る
指定したグループと自身が合流した場合効果は消滅する

保険
試験中に体調不良で失格した際、所有者は一日だけ回復の猶予を得る
不正による失格などは無効とする。


特殊カード
増員
このカードを所有する生徒は7人目としてグループに存在できる
本試験開始後から効力が発揮され、男女の割合にも左右されない

無効
ペナルティ時に支払うプライベートポイントを0にする
このカードを所持する生徒のみ反映される

試練
特別試験のクラスポイント報酬を1.5倍にする権利を得る
ただし上位30%のグループに入れなかった場合グループはペナルティを受ける
また増加分の報酬は学校側が補填するものとする


●無人島サバイバル特別試験に影響を与えるカード(上記)
・8種類ありランダムで1人1枚得る
・同じ学年に限り譲渡やトレード、売ることが出来る
・クラス内でのトレードは不可
・一度所有者を変更させると再トレードは不可能
・誰が何を所持しているかはOAAで閲覧が可能
・1人で複数所持することも可能だが同じ効果の倍増はなし
・特殊カード3種は学年毎に1枚ずつしか存在せずランダム配布



CONTENTS
●ホワイトルーム生の独白
●変わっていく学校生活
●流れていく月日
●近づく夏、激戦の予感
●1年生、3年生たちの戦い
●勧誘
●嵐の前の静けさ


想定していたものよりも数段難しかった筆記試験。
デメリットが多いものの今後を見据え満点を取った清隆を待つのは・・・・・・。

ゴールデンウィークが過ぎ去り、集まっていた注目が鳴りを潜める頃
清隆は生徒会入りを打診する堀北に同席することに。
期待の表情を見せる南雲の前で堀北が表明したのは・・・・・・。
部屋に遊びに来た恵。いい雰囲気になる中、直接部屋を訪ねてきたのは・・・・・・。

6月の中頃に発表された7泊8日の夏休みバカンスと特別試験。
1か月以上も前に告知される特別試験は・・・・・・『無人島サバイバル』
去年行った無人島試験とは『規模』が違い
使用する無人島は去年よりも大きく、期間は2週間、全学年で競い合うものに。
同学年であればクラスを問わず最大3人の小グループを作れるということだが・・・・・・。

『ひより』と『アルベルト』に連行される清隆。『石崎』の提案とは?
『小宮』との打ち合わせに向かう『篠原』、そのあとを追う『池』だが・・・・・・。
再び清隆の後をつける『松下』の狙いは・・・・・・。
急なタイミングで『一之瀬』を呼び出した『坂柳』の魂胆とは?

『天沢』を呼び出しグループに誘う『宝泉』
『櫛田』に頼み清隆に接触をはかる『八神』
『宝泉』打倒を理由に清隆に接触する『宇都宮』と『椿』
『南雲』を言い訳に清隆に邪魔をするなと釘を刺す『桐山』
『鬼龍院』が清隆に興味を示した事に興味をもった『南雲』

『一之瀬』のやり方に不満を洩らす『神崎』は・・・・・・。
『龍園』に呼び出された先に居合わせたのは『葛城』
『龍園』が二人を呼んだ理由とは?

『石崎』の要請を受けた清隆は
『堀北』を連れ『伊吹』にグループを組むことを持ち掛けるが・・・・・・。

特別試験を明日に控えた出発日
『高円寺』が『堀北』に提案・表明した事とは?
『堀北』が『高円寺』に出した条件とは?

『月城』の隣にいるのは『七瀬 翼』



満点を取ったことで一躍有名人になるところから始まっていく2巻。
やや強引にまとめられるもクラス内の混乱は無事回避。
序盤は行く先々で数学のことでいじられることに、、、、、、。
ただ1年生からは反応が薄いような気がしますが。
中盤からは『無人島サバイバル』の話題一色。
各学年の特別試験への準備期間に入る中
新しく登場してくるキャラも散見されます。
次巻に続く重要な設定などは最後の方にまとめられていますが
一番印象的なのはやはり理事代理の横にいる『七瀬翼』
ホワイトルーム生か否か、次巻の注目になりそうですm(__)m